蝶々さん~最後の武士の娘~ 第1話 誇りの代償 (前編) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スペシャルドラマ » 蝶々さん~最後の武士の娘~ 第1話 誇りの代償 (前編)

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    蝶々さん~最後の武士の娘~ 第1話 誇りの代償 (前編)

    土曜ドラマスペシャル 蝶々さん  公式サイト

    放送予定 2011年11月19日(土)・26日(土)
    【総合】 午後9時~10時13分<前後編> 

    蝶々さん あらすじ 11月19日放送 第1話 誇りの代償 (前編)

    明治の初め、元佐賀藩の士族の娘として生まれた蝶々(宮崎あおい)は佐賀の乱に巻き込まれて父を亡くした。祖母・みわ(藤村志保)と母・やえ(奥貫薫)は、蝶々が維新の世で身を立てていけるよう熱心に学問をさせる一方で、武士の娘としての心構えを教え込んだが、祖母と母はコレラで急死する。
    蝶々は長崎丸山で一番の貸座敷「水月楼」の養子として迎えられる。幼馴染の伊作(伊藤淳史)とユリ(池脇千鶴)と再会することもできた。しかし英語を学ぶことのできる女学校への進学を約束してくれた養母・マツ(戸田恵子)が急死し、蝶々は跡取り娘から下働きの身になってしまう。
    そんな蝶々を救ったのが海運業を営む帯谷(西田敏行)であった。蝶々は老舗置屋「末石」の女将・幸(余貴美子)のもとで、舞妓としての修業を始める。そのころ、アメリカ海軍フランクリン少尉(イーサン・ランドリー)を乗せた軍艦が長崎に向っていた。


    概要
    大河ドラマ史上最年少で主役を演じた宮崎あおいが「篤姫」以来3年ぶりにテレビドラマに帰ってきました。今回はオペラ「蝶々夫人」のヒロイン蝶々さんを演じます。ドラマのせりふの約3分の1が英語というハードルの高い役に挑戦します。その恋の相手となるアメリカ海軍フランクリン少尉役のイーサン・ランドリーは来年、主演映画がアメリカで公開予定のハリウッドの若手俳優です。そして、蝶々さんのことを生涯、想い続けた谷川伊作役を、明治期は伊藤淳史、昭和期は野田秀樹という豪華リレーでお送りします。また東京フィルハーモニー交響楽団の協力を得て、昭和11年に歌舞伎座で上演されたオペラ「蝶々夫人」の舞台の再現も見所のひとつです。この秋、「本物の感動」をお届けするラブストーリーの決定版「蝶々さん~最後の武士の娘~」は19日(土)に前編「誇りの代償」、26日(土)に後編「遠いアメリカ」の2週連続の放送です。

    ストーリー
    明治の初め、元佐賀藩の士族の娘として生まれた蝶々(宮崎あおい)は佐賀の乱に巻き込まれて父を亡くした。祖母・みわ(藤村志保)と母・やえ(奥貫薫)は、蝶々が維新の世で身を立てていけるよう熱心に学問をさせる一方で、武士の娘としての心構えを教え込んだ。が祖母と母はコレラで急死し、蝶々は長崎丸山の老舗「水月楼」の養子として迎えられる。幼馴染の伊作(伊藤淳史)とユリ(池脇千鶴)と再会することもできた。しかし英語を学ぶことのできる女学校への進学を約束してくれた養母・マツ(戸田恵子)が急死し、蝶々は跡取り娘から下働きの身になってしまう。そんな蝶々を救ったのが海運業を営む帯谷(西田敏行)であった。蝶々は老舗置屋の女将・幸(余貴美子)の元で、舞妓としての修業を始める。そして、蝶々は、運命の人、アメリカ海軍フランクリン少尉(イーサン・ランドリー)と出会い、恋に落ちるが・・・。


    ■今も世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人(マダムバタフライ)」。
    今回のドラマでは、世界で最も有名な日本人ヒロインとも言える「蝶々さん」の人生を、新たによみがえらせます。

    明治初頭という時代に、「武士の娘」としての誇りを手放すことなく、人生を生きたひとりの女性・蝶々さん。新しい世の中を知ることの大切さを親から教わり、新世界・アメリカに夢を抱き、そして恋を知った蝶々さんの殉じた道とは・・・。

    【原作・脚本】市川森一
    【音楽】村松崇継
    【出演】宮崎あおい、伊藤淳史、イーサン・ランドリー、戸田恵子、ともさかりえ、岩松了、
    高橋由美子、風間トオル、パトリック・ハーラン、川平慈英、余貴美子、池脇千鶴、
    本田博太郎、伊武雅刀、野田秀樹、藤村志保、西田敏行 ほかの皆さん


    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/540-ca0174a2