とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 29話 新種発見? - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 29話 新種発見?

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 29話 新種発見?

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第5週 29話の内容、ネタバレになります。

    森田屋で可愛がってもらう星野。
    毎日の地道な努力の甲斐あって、新種を発見?しました。
    お祝いムードのなか、新聞記事に…。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第5週 29話 「常子、新種を発見する」 あらすじ


    最初は星野を警戒していた森田屋の人々でしたが、今ではすっかり打ち解け合っていました。

    宗吉は、星野を『葉っぱのあんちゃん』と呼び可愛がり、食事の心配までしてくれます。


    翌日。

    星野は、森田屋に食事のお礼を言いに来ました。

    その頃、星野が探しているという日本未発見植物の絵を見ていた常子は、ある植物に目を止めました。

    青柳商店の庭で見たと言います。


    星野は確かめに行ったのですが、生えていた場所にそのキノコはありません。

    すでに採取されていました。

    実は、清がキノコを採り、焚き火にかけようとしているらしいのです。

    急いで清の元へ向かう常子と星野。

    間に合うも、そのキノコは残念ながら星野が探していた新種ではありませんでした。

    しかし、星野は、キノコとは違う新種の植物を見つけます。

    宗吉たちは大喜びしてくれ、翌日には森田屋で祝賀会を開くことになりました。


    翌日、暗い顔をした鞠子がやって来ました。

    何と、別の人物によって、新種の植物発見の記事が新聞に載っていたと言うのです。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(29) 2016年5月6日(金)
     「常子、新種を発見する」 第5週 (5月2日~5月7日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5406-6fb15bbe