火の粉 あらすじ ネタバレ 8話 生きていた池本 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » 火の粉 あらすじ ネタバレ 8話 生きていた池本

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    火の粉 あらすじ ネタバレ 8話 生きていた池本

    火の粉 第8話 5月21日(土) あらすじ、ネタバレ

    まずは、7話のあらすじ 感想です。
    武内の魔の手から逃げ出そうと計画する勲と雪見。
    気づかれずに、タイミングを見計らって様子を伺っていました。

    ある日、武内から梶間家にマッサージチェアがプレゼントされます。
    高額な家電だからと遠慮する尋恵。
    武内は、行為を無下にすることを酷く嫌うので頂く事になります。

    ところが、リビングに置いてあるマッサージチェアは大きくて邪魔です。
    俊郎が勝手に別の部屋へ移動させてしまい、洗濯を掛けたり置いたりしていました。

    帰ってきた勲は、マッサージチェアがリビングに無いことにビックリします。
    「武内さんの行為を無下にしてはいけない!」と大きな声でどなります。

    そこへ、タイミングよく武内が登場しました。
    恐れ、ビクビクする勲。武内の顔色を伺います。

    武内は、冷静に梶間家の人たちと会話し、マッサージチェアの事を胸にしまいます。
    勲は恐ろしさのあまり、行きたくなかった武内の母親のお墓へ、梶間家皆で挨拶に行くと返事をしてしまいました。

    その直後、武内がヨーロッパへ一週間行くと聞かされます。
    勲も雪見も逃げるなら今しかないと考えます。

    武内を送り出した後、急いで尋恵と俊郎に武内の真実を語りました。
    しかし、尋恵は酷く怒り、家を出て行ってしまいます。

    さらに、俊郎も雪見とはもうやっていく事は難しいと考えます。
    今、逃げなければいけないのに、家族がバラバラになってしまい絶望する勲と雪見。

    すると、尋恵がまどかを連れて帰ってきました。
    なんと、武内が雪見の店で偶然まどかと会い、道で尋恵と会ったからだと。
    そして、武内はニューヨーク行きは、先方にドタキャンされ、戻ってきたと言います。


    梶間家が大変なことになっている理由を知りたいと、武内の尋問が始まります!!
    ここから恐怖の時間が…。

    最初は、尋恵から。
    一人ずつ別部屋に呼ばれ、マッサージチェアに座らされます。
    固定され、動けない?逃げられない?

    雪見が琴音に武内の秘密を話していたことが、琴音からすべて武内に筒抜けでした。
    そして、尋恵から梶間家の皆が、的場一家事件の真相を知っていることを聞かされます。

    武内は、自分のことばかり考える梶間家の皆を調教します。
    武内に歯向かわない事、自分の意見を押し通す事はもってのほかです。
    大きな声で威嚇したり、恫喝したり。
    幸せな家族でいなければならないと。
    そして、自分も梶間家の家族の一員であると。
    梶間家の皆は、逆らえない状況で言いなりです。

    別の日。
    武内の母親に挨拶に行く梶間家。
    表情は強張っていて、武内の機嫌を損なわないようにとします。
    慎重に言葉を選ぶ雪見。
    母の墓前で、梶間家の皆と家族になれたことを喜ぶ武内でした。


    来週は、死んだと思っていた池本が登場します。
    家族ごっこは終わりだと言って、急展開をみせます。
    「火の粉」第8話 5月21日(土) あらすじに続きます。
    スポンサード リンク

    オトナの土ドラ 火の粉
    8話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年5月21日(土) よる24時05分~
    公式サイト

    火の粉 第8話 あらすじ ネタバレ

    食卓は笑顔に満ちていた。雪見(優香)、勲(伊武雅刀)、尋恵(朝加真由美)、俊郎(大倉孝二)、まどか(庄野凛)、そして、武内(ユースケ・サンタマリア)…。事情を知らぬ人から見れば、一家は非の打ち所がない幸福な家庭そのもの。しかし、それはすべて演技。やがて我慢の限界に達した雪見が、バウムクーヘンをたたきつける。ところが尋恵はただ1人、武内に心酔しきっていた。「この幸せな生活を楽しんで何が悪いの?」そう呟く尋恵に、雪見や勲は言葉も出ない…。
    武内から「家族になれない」と拒絶された琴音(木南晴夏)。雪見は、彼女の沈んだ目にたじろぐ。武内への想いを募らせる琴音は一人、家族のように武内と毎日過ごせる梶間家の人々を羨んでいた。その羨望は、やがて憎悪へと変貌を遂げる。戸惑いを隠せぬまま家路につく雪見。ふと足を止めた彼女の視線の先には、武内との対決以降、行方不明となっていたかつての事件の遺族・池本亨(佐藤隆太)らしき人影があった。
    戸惑いながらも、勲と連絡を取り合い、池本の件を伝える雪見。「彼はきっと、武内だけでなく、私たちのことも恨んでいるはずだ…」勲は後悔の念を強める。そして2人が梶間家に戻ると、家の中では信じられない光景が広がっていた。拘束される俊郎と尋恵、そして憤怒の表情を浮かべる池本と武内の姿…。一体4人に何があったのか?やがて事態は思いもよらぬ方向へと転がることに…。

    出典:フジテレビ

    ◇オトナの土ドラ 「火の粉」 フジテレビ・東海テレビ 毎週土曜 24:05~
    原作:雫井脩介「火の粉」(幻冬舎文庫)


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5437-f9b8f441