とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 51話 手書き禁止令 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 51話 手書き禁止令

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 51話 手書き禁止令

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第9週 51話の内容、ネタバレになります。


    男性社員の仕事を引き受けたことにより、他の男性社員も仕事の依頼をしに来ます。
    男に見下されないようにと、タイピストとしての女性の保持を維持してきた女性同僚たち。
    常子の勝手な振る舞いに憤慨します。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第9週 51話 「常子、初任給をもらう」 あらすじ


    「男性社員は、女性社員をただの雑用係としか思っていない」

    早乙女の言葉が、常子の心に突き刺さります。


    数日後、別の男性社員が常子のところに書類整理を頼みに来ました。

    常子は断ろうとしましたが、「あいつのは出来て私のは出来ない理由はないだろ?」と言われ、断り切れず引き受けてしまいます。

    男性社員から仕事を依頼される度に、常子は同僚の女性たちとますます決裂していきました。

    見かねた早乙女は、上司の山岸に秩序が乱れるという理由からタイピストの手書きの資料作成を禁止するように規律を作ってほしいと懇願します。



    タイピストとしての女性の地位を保持してきた同僚の女性たちにとって、常子の勝手な振る舞いは、亀裂を呼びました。

    タイピストを男性に見下されないようにという早乙女の気持ちを理解しつつも、どこか割り切れない気持ちの常子。


    青柳商店の前を通ると、女将として男衆にテキパキと指示をする滝子の姿がありました。

    常子は悩み事を相談してみることにしました。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(51) 2016年6月1日(木)
     「常子、初任給をもらう」 第9週(5月30日~6月4日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5440-f836ec56