とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 55話 小橋家の家訓の再会 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 55話 小橋家の家訓の再会

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 55話 小橋家の家訓の再会

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第10週 55話の内容、ネタバレになります。

    小橋家の家訓「月に一度皆でお出かけ」を再会させようとする常子。
    しかし、鞠子も美子ももう子どもではありません。
    それぞれの思惑が交差します。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第10週 55話 「常子、プロポーズされる」 あらすじ


    昭和14年(1939年)冬。

    常子は、タイピストとしてのキャリアを順調に積み重ね、収入を稼ぐようになりました。

    そこで、かつて父・竹蔵が作った「月に一度皆でお出かけ」の家訓を再開させようと皆に提案します。

    しかし、すでに子供ではない年頃の鞠子と美子は、乗り気ではなく重荷に感じます。

    喜ぶどころか難色を示しました。

    常子は、乗り気でない妹たちを押し切り、12月のお出かけの日を決めてしまいます。


    そんななか、裁縫が得意な美子は、滝子から奉公人のお仕着せの仕立てを手伝ってほしいと頼まれます。

    しかし、その日は常子が決めたお出かけの日でした。

    さらに、鞠子は朗読会の予定が入っていました。

    美子は、お出かけの日は勉強会があると嘘をつきます。


    お出かけ当日。

    待ち合わせした場所に美子は姿を表しませんでした。

    勉強会と言って嘘をついたことが常子にバレてしまいます。

    青柳商店でお駄賃を稼いでいたとわかると、そんなことのために小橋家の家訓を破ったのかと常子は怒りました。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(55) 2016年6月6日(月)
     「常子、プロポーズされる」 第10週(6月6日~6月11日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5447-23c3bfd8