とと姉ちゃん 13週 後半あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん 13週 後半あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん 13週 後半あらすじ ネタバレ

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第13週 6月27日~7月2日放送予定のあらすじです!

    とと姉ちゃんの第13週(73 74 75 76 77 78話)の後半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    とと姉ちゃん 第13週 後半編


    その後、アメリカ軍による東京大空襲が行われました。

    常子たちが暮らす目黒は、空襲の被害を逃れましたが、深川は甚大な被害に遭いました。

    大勢の焼きだされた被害者がいるなか、常子は、かつてビアホールで助けてもらった田所竜子を見かけます。

    竜子は、父親を空襲で亡くし、仲間は戦争に取られていました。

    常子は、家へ招き入れました。

    竜子には妹と弟がいて、親戚の川崎へいく途中だと言います。

    みんなで、「戦争が終わったら何がしたか?」 と話し合います。

    竜子の妹弟は、上野動物園に行きたい。

    鞠子は、小説が描きたい。

    美子は、洋服を作りたい。

    常子は、自分が作りたい雑誌を作りたい。

    それぞれ、将来の夢や希望を語り合いました。


    昭和20年。

    苦しい生活が長く続くせいで、鞠子は栄養失調により体が弱っていきました。

    美子は、空腹に耐えていました。


    戦争で混乱するなか、治安が悪くなり強盗が多発していました。

    常子たちは女ばかりな為、用心していました。

    すると、ひょっこりと叔父の鉄郎が久しぶりに現れたのです。

    鉄郎は「もう年だから戦争にとられることは無い」と言います。

    男手があったほうが良いだろうと、用心棒として小橋一家に住みつくことになりました。

    不安な日々を送っていた常子たちにとって、頼りない叔父ではありますが、一緒に住んでくれる事になって一安心します。


    やがて、人々はラジオから流れる玉音放送を聴くことに…。

    戦争が終わりました。

    常子たちは、「これからは好きなことができるのよ!」と喜びます。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん第13週(73 74 75 76 77 78話)6月27日~7月2日
     公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5473-d3a396b2