とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 74話 宝物との別れ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 74話 宝物との別れ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 74話 宝物との別れ

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第13週 74話の内容、ネタバレになります。

    美子の宝物にさよならを…。
    悲しみで一杯の美子を支える常子と鞠子。
    戦争の影響によって、世の中は益々生き難くなって行きます。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第13週 74話 「常子、防空演習にいそしむ」 あらすじ


    美子のおままごとセットは、滝子との大切な思い出の品です。

    農家の人から、子どもの玩具なら交換しても良いと言われ、最初は断固拒否していた美子でしたが…

    美子は泣く泣く差し出す事を決意しました。


    千葉の農家行き、食料と交換して貰います。

    思いのほかたくさんの物と交換してもらえ喜ぶ常子でしたが、帰り道、美子はこらえきれず泣き出してしまいます。

    「戦争は思い出までも奪うのか!」

    常子と鞠子の胸で泣く美子。

    その姿に常子は、胸を痛めます。


    鞠子も女子大に行かせて貰ったにもかかわらず、家族を支るほどの収入も貰えない軍事工場の仕事に情けなく感じます。

    その日の晩、久しぶりにお腹いっぱいに御飯を食べることが出来た常子たち。


    編集部員たちがどんどん徴兵され、残っているのは常子と五反田になりました。

    常子は、戦争を賛歌する内容の雑誌しか書くことができず、やりきれない思いを抱いていました。


    数ヵ月後、突然、常子と五反田が編集作業をしている時、空襲警報が鳴り響きます。

    B29が東京の空に。

    常子は急いで避難しますが、君子たちのことが心配でなりません。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(74) 2016年6月28日(火)
     「常子、防空演習にいそしむ」 第13週(6月27日~7月2日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5474-4faabaa5