とと姉ちゃん 14週(7/4~7/9)あらすじ 後半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん 14週(7/4~7/9)あらすじ 後半

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん 14週(7/4~7/9)あらすじ 後半

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第14週 あらすじのネタバレです!

    とと姉ちゃんの第14週(79 80 81 82 83 84話)の後半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    とと姉ちゃん 第14週 後半編


    常子は、姉妹で力を合わせて雑誌を創刊することを誓います。

    新たにつくる雑誌のタイトルや、誌面の割り付けに熱中する常子たち。

    常子は、雑誌に用いる大量の紙を探し回ります。

    紙を売ってくれるという売人はすぐに見つかりましたが、あまりにも高額で、その紙を買うかどうか頭を悩ませます。


    そんななか、甲東出版の雑誌『新世界』の復刊に動く五反田。

    五反田は、闇市の食堂で花山と再会を果たします。

    そして、花山に雑誌の挿絵の依頼したのですが、意外な返事が返ってきます。

    出版に関わるすべての仕事から自分は身を引くと…。


    一方、小橋家三姉妹は悲願の雑誌『スタアの装ひ』をついに完成させます!

    しかし、本屋では『スタアの装ひ』は相手にされず取り扱ってはもらえません。

    やむなく闇市の露天でその雑誌を売り始めることにしました。

    すると、『スタアの装ひ』は飛ぶように売れ、完売。

    予想を超えた人気です!

    常子たちは大ヒットに気を良くし、雑誌の増刷をします。

    ところが、たちまち窮地に陥ってしまい…。


    一方、甲東出版は、ついに『新世界』を復刊させました。

    その頃、五反田のアドバイスによって、常子は花山の元を訪ねます。

    これまで苦労をかけた母に親孝行をしたいと言うことを伝えます。

    そして、女性に役立つ雑誌。暮らしが少しでも楽しくなる雑誌を作る決意を新たに誓います。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん第14週(79 80 81 82 83 84話)7月4日~7月9日
     公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5480-6dd32cd4