とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 97話 東堂チヨ、再会 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 97話 東堂チヨ、再会

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 97話 東堂チヨ、再会

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第17週 97話の内容、ネタバレになります。

    戦後、一年半経過。
    復興の兆しもみせず、人々の暮らしは苦しいものでした。
    そんななか、懐かしい人物との再会があります。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第17週 97話 「常子、花山と断絶する」 あらすじ


    時は流れ…
     
    昭和22(1947)年2月。

    戦後の人々の暮らしは大きく変わることはなく、庶民の住宅事情は厳しい状態が続いていました。

    その頃、以前から「あなたの暮し出版」へ入社を望んでいた水田は、経理として正式に採用されます。

    ある日、常子たちは、現金書留で届いた「あなたの暮し」の注文封筒に目が留まります。

    三姉妹には見覚えのある名前でした。

    その名前は、女学校時代の恩師である東堂チヨです。


    常子は、早速東堂の家を訪ねました。

    東堂の家に行った常子は驚愕します。

    東堂は、親戚の家の隅にある物置で生活していたのです。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(97) 2016年7月25日(月)
     「常子、花山と断絶する」 第17週(7月25日~7月30日)  公式サイト


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5503-4d3d1b69