とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 112話 両家の顔合わせ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 112話 両家の顔合わせ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 112話 両家の顔合わせ

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第19週 112話の内容、ネタバレになります。

    水田のプロポーズを受け入れることに決め、鞠子と水田は結婚準備に取り掛かります。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第19週 112話 「鞠子、平塚らいてうに会う」 あらすじ


    自分の心が整理され、結婚を決意した鞠子。

    二人は、水田の両親から結婚の許しを得る為、水田の実家がある甲州に向かいます。


    常子たちは、鞠子と水田の帰りを待ちわびるなか、数日後、二人は水田の両親を連れ帰ってきました。

    互いに挨拶を交わす、小橋家の家族と水田の両親。

    水田の両親は、二人の結婚を心から祝福しています。


    そんななか、水田の父・國彦が発した言葉が、常子の心にぐさりと刺さりました。

    「子供が結婚するまでは、親は死んでも死にきれない」 「結婚もできないような大人は一人前とは言えない」

    その言葉が気になって頭から離れない常子。


    君子も常子に同じようなことを想っているのか確認します。

    「私に結婚して欲しいですか?」

    君子は、常子を見ていると「幸せの形は1つでは無いように思う。結婚はしなくても、貴女は十分に一人前です。」

    「ただ、心から惹かれる方が現れたら、結婚を考えてもいいんじゃないかしら」と答えました。


    ふと、常子は星野武蔵のことを思い出しました。

    かつて、星野からプロポーズされたものの、互いに別々の道を歩んだ二人。

    星野は大阪の大学へ行った後徴兵され、その後の消息は分かりません。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(112) 2016年8月11日(木)
     「鞠子、平塚らいてうに会う」 第19週(8月8日~8月13日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5520-35cfad54