とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 130話 雑誌の影響 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 130話 雑誌の影響

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 130話 雑誌の影響

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第22週 130話の内容、ネタバレになります。

    次号の商品試験は、「電気釜」に決定します。
    そんななか、『あなたの暮し』の記事のせいで、経営不振に陥ってしまったという電機メーカーが訪ねて来て…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第22週 130話 「常子、星野に夢をかたる」 あらすじ


    ある日、『あなたの暮し出版』に男たちが訪ねて来ました。

    二人は、『アカバネ電器』という家電メーカーの社員で、村山健太郎と酒井秀樹と名乗ります。
    (アカバネ電器は、前回のアイロンの商品試験で最低評価でした。次号の企画である「電気釜」の商品試験に含まれています。)

    酒井たちは、『あなたの暮し』の記事の影響をうけ、経営が一気に苦しくなりピンチに陥っていると言いました。

    そこで、自社製品の評価に手心を加えてほしいと泣きついて来ました。


    しかし、常子や花山たちは、商品試験の扱いには責任をもって厳しくやっています。

    花山はそんな話には一切耳を傾けません。

    「泣いている暇があったら、商品開発でもしたまえ!」と一喝します。



    数日後、再び、『アカバネ電器』の二人がやって来ました。

    そして、風呂敷に包んだ札束を差し出します。

    これには、さすがの常子も怒ります。

    「馬鹿にするのもいいかげんにしてください!」

    二人を追い出してしました。

    『アカバネ電器』は、製品だけでなく、会社自体に問題があるようです。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(130) 2016年9月1日(木)
     「常子、星野に夢をかたる」 第22週(8月29日~9月3日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5546-eac89423