とと姉ちゃん 25週(9/19~9/24)あらすじ 前半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん 25週(9/19~9/24)あらすじ 前半

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん 25週(9/19~9/24)あらすじ 前半

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第25週「常子、大きな家を建てる」 あらすじのネタバレです!

    月日は流れ… 昭和39年(1964年)。
    常子の三つの誓いであった、「家を建てる」が実現。
    この6年の間に家族も増え、鞠子の水田家は、男の子・潤が誕生し、長女のたまきの4人家族。
    美子の南家は、女の子・真由美が誕生し、3人家族となっていました。
    この大きな家は、小橋家の常子と君子を含めた9人が暮らす大家族となっていました。


    とと姉ちゃんの第25週(145 146 147 148 149 150話)の前半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    とと姉ちゃん 第25週 「常子、大きな家を建てる」前半編


    美子は、結婚してからも『あなたの暮し出版』で働き続けています。

    ある日、常子は花山からオリジナルで執筆してみないかと言われ困惑します。

    一度は断るものの、常子は受け入れることに。

    ただ、テーマは一切思い浮かびません。


    そんななか、体調を崩した君子が入院します。

    家に戻りたいと切望する君子…。

    その後、自宅療養をすることになりますが、次第に衰弱していきます。

    花山が君子のお見舞いに訪れます。

    神妙な面持ちの花山は、重い口を開きました。

    これまでずっと悩んでいた、常子が雑誌作りに夢中になり結婚できかったことを謝罪します。

    君子は、「常子は幸せな人生を送ってきたはず。三姉妹をこれからもよろしくお願いします」と答えたのでした。


    常子は、自らの執筆のテーマを見つけます。

    それは、ごく普通の暮らしの中にある、ささやかな幸せをテーマとしたものです。

    『あなたの暮し』では、常子のエッセイ『小さなしあわせ』が、連載されることになりました。

    とと姉ちゃん 第25週 後半編へ続きます。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん第25週(145 146 147 148 149 150話)9月19日~9月24日
    「常子、大きな家を建てる」 公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5577-802134b5