べっぴんさん あらすじ 第1週「想(おも)いをこめた特別な品」後半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第1週「想(おも)いをこめた特別な品」後半

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ 第1週「想(おも)いをこめた特別な品」後半

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第1週「想(おも)いをこめた特別な品」 あらすじのネタバレです!

    母・はなに元気になってもらいたいので、刺しゅうが上手になりたいすみれ。
    潔と共に屋敷を出入りしている「あさや靴店」の麻田のところへ訪ねて行ったのですが、追い返されてしまいます。
    父・五十八は、はなの余命が長くないことを医者から知らされ…。

    べっぴんさん 2016年10月3日~10月8日放送 第1週(1 2 3 4 5 6話)の後半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    「べっぴんさん」のモデルとなった、坂野惇子さん(ばんのあつこ)




    べっぴんさん 第1週 「想(おも)いをこめた特別な品」後半編


    坂東営業部の取締役を務める野上正蔵の息子・潔は、すみれの幼なじみです。
    刺しゅうに励むすみれを応援してくれます。

    同じ日、「あさや靴店」を営業する麻田茂男が訪ねて来ました。
    ゆりの靴を注文していたので、足の採寸をしにやってきたのです。
    すみれは、針と糸を使う様子に興味津々です。

    その晩、すみれは、麻田の作った父・五十八のお気に入りの靴をバラバラにしてしまいます。


    潔は、靴を修理してもらおうと「あさや靴店」に届けると言います。
    そして、靴づくりに興味を持っているすみれは、自分も一緒に連れて行ってほしいと潔に頼みました。

    二人が訪ねると、すみれが内緒で来たことが分かり、すぐに帰るように麻田に言われてしまいます。
    仕方なく二人は坂東家に戻りますが、その途中で潔とはぐれてしまいます。

    坂東家では、大騒ぎになってしまい、五十八にも連絡がいってしまいました。
    ところが、みんなの心配をよそに、すみれは再び「あさや靴店」を訪ねていました。


    翌日、五十八が戻ってきて激高します。
    そして、「あさや靴店」とはもう今後取引をしないとまで言い出しました。


    その数日後、すみれは刺しゅうを完成させます。
    すみれは、四葉のクローバーの刺繍を施したハンカチを母に贈りました。
    すみれは、母と一緒に裁縫をして、和やかな時間を過ごします。

    同じ頃、五十八は、医者からはなの余命が長くないことを知ってしまいます。

    その後、すみれの願いも虚しく、はなは天国へ旅立ちました。


    昭和17年(1942年)。
    17歳になったすみれは女学校の最終学年です。
    一方、姉のゆりは20歳になり、大学で英語を学んでいました。
    坂東営業部は、野上正蔵に全権を任せており、25歳の潔は、坂東営業部で正蔵の元で働いていました。

    突然、潔のもとに召集令状が届きます。
    すみれは、深い悲しみに陥ってしまう。
    そこで初めて、自分が潔に恋心を抱いてたことに気付くのでした。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん第1週(1 2 3 4 5 6話)10月3日~10月8日放送予定
    「想(おも)いをこめた特別な品」 公式サイト

    スポンサード リンク