べっぴんさん あらすじ ネタバレ 16話 小物製作 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 16話 小物製作

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 16話 小物製作

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第3週16話の内容、ネタバレになります。

    すみれは、今すぐにでも当面の生活資金が必要です。
    そこで、すみれは昔からの知り合いの麻田を頼って行き…。

    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第3週 16話 「とにかく前に」


    すみれは麻田を頼って、「あさや靴店」を訪ねてみました。

    「あさや靴店」は、空襲の被害を免れていて、米兵に靴を売ったり靴磨きをしたりして、なんとか生計をたてているようです。

    すみれは、靴を買ってほしいと麻田にお願いします。

    ですが、その靴は買い取る事は無理だと謝られてしまいます。

    すみれは、どうしてもお金が必要なのだと懸命に訴えます。

    すると、麻田はすみれが手にしていた写真ケースの刺しゅうに目が留まります。

    そのケースの刺しゅうの出来栄えを褒めた麻田は、小物を売ってみてはどうか?と提案しました。

    すみれは、その日の夜から夢中になって小物を作りを始めました。

    数種類の小物ができると、早速靴店の一角で販売を始めました。

    たくさんの来店客あり、すみれの製作した小物を褒めてくれますが、なぜか売れず。

    そんな状況が1週間続きました。

    結局、売れたのは、通訳のジョン・マクレガーが妻へのプレゼントとして買ってくれた小物1点だけでした。


    ある日、明美が靴店にやって来ました。

    明美は、すみれの作品の小物を見ては、「生きていくだけでも必死な時代に、こんな贅沢品誰が買う!」と、厳しい一言を。

    すみれはハッとします。何も言い返すことができませんでした。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん(16) 2016年10月20日(木)
     「とにかく前に」 第3週(10月17日~10月22日) 公式サイト


    スポンサード リンク