べっぴんさん あらすじ ネタバレ 18話 手芸教室 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 18話 手芸教室

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 18話 手芸教室

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第3週18話の内容、ネタバレになります。

    すみれは、近所で手芸教室を始めました。
    自分の服をほどいた布を用意して、近所の女性たちに写真ケースの作り方を教えます。

    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第3週 18話 「とにかく前に」


    手芸教室は大盛況で終わりました。

    しかし、授業料として受け取ったのは、コッペパンや品物ばかり。

    現金での収入にはならず、とても生活の足しになりませんでした。


    ある日、すみれは、時子たちとの会話のなかで、家事で大変なのは特におしめの洗濯だが、外国のオムツは日本のおしめよりもかさばらず、洗濯の量も少なくて済むらしいと聞きます。

    外国のオムツの方が、日本のおしめよりも優れていると聞いたすみれは、西洋式のオムツに興味を持ちます。

    すみれは、クリスティーナのところで育児教室を開いていた女性(明美)なら、西洋式のオムツの作り方を知っているのではないか?と思い浮かびます。


    喜代に相談したすみれは、その女性が、坂東家の女中だったまつの娘・明美ということが判明します。

    明美が看護師をしていることを知ったすみれは、神戸中の病院を探し回ります。

    やっとの思いで探し出した明美に、西洋式のオムツの作り方の教えて欲しいとお願いしたところ…。

    明美はすみれの願いを拒否し、冷たくあしらって立ち去ってしまいました。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん(18) 2016年10月22日(土)
     「とにかく前に」 第3週(10月17日~10月22日) 公式サイト


    スポンサード リンク