べっぴんさん あらすじ 第3週「とにかく前に」前半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第3週「とにかく前に」前半

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    べっぴんさん あらすじ 第3週「とにかく前に」前半

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第3週「とにかく前に」 あらすじのネタバレです!

    すみれが神戸から近江に戻って来た頃、大阪の様子を見に行っていたゆりも戻って来ました。
    ゆりの話では… 大坂東営業部の社屋は空襲ですべて焼け、潔の父・野上正蔵は亡くなっていました。

    べっぴんさん 2016年10月17日~10月22日放送 第3週(13 14 15 16 17 18話)の前半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    べっぴんさん 第3週 「とにかく前に」前半編


    10月。潔からも紀夫からも手紙は来ません。
    苦しい生活を強いられる日々。
    突然、本家の長太郎から、「出て行って欲しい」と言われてしまいます。

    ここを出て行ったら生活できないことを承知していますが、ゆりは出て行くと強がってしまいます。
    ゆりは飛び出してしまいました。
    後を追うすみれ。

    すると、前方の方から子どもたちの歓声が聞こえて来ます。
    そこには、子どもにチョコレートを配る男性がいました。
    なんと、潔です!
    ゆりは嬉しさのあまり、潔に抱きついたのでした。

    潔は、正蔵の死、坂東営業部が焼けてしまったことを知ります。
    潔は、「これで終わりではない!」と、もう一回坂東営業部を復活させると意気込みます。
    ゆりと潔は大阪に戻ることを決め、すみれは神戸に戻ることを決意しました。

    スポンサード リンク

    12月。
    神戸に戻ったすみれは、敷地の片隅にバラックを建てて暮らすことになります。
    一方のゆりと潔は、大阪の闇市に出入りしていて、横流し品を売り始めて人気者になっていました。
    しかし、目立つ潔は、そこの闇市を仕切る根本から目をつけられてしまいます。

    昭和21年2月。
    国策により銀行口座の凍結が行われました。
    月に400円までしか預金を下ろすことができなくなり、貯金でなんとか切り崩して生活していたすみれは一気に苦しくなります。

    すみれは、なんとか焼け残った服や雑貨を売って食物を手に入れようと闇市に行きました。
    しかし、なかなか勇気が出ません。

    すみれは、大阪のゆりたちのもとを訪ねます。
    そこには、知らない男が居ました。
    白飯やおにぎりを頬張る姿。
    すみれは、食卓のごちそうに驚きます。

    すみれは、ゆりに服を買ってほしいと言おうとしますが、「今日は客がいたので特別なごちそうを用意した」と聞かされ、日々の暮らしは厳しいとこぼされると、お願いすることできませんでした。

    ある日、ひょんなことから、すみれは同級生だった高西悦子に会いました。
    かつて品位があった悦子の姿の変わり様に驚くすみれ。

    潔は、すみれの持参した服を買ってくれました。
    しかし、「自分の手で仕事をして、自分の足で生きるんだ!」アドバイスされ…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん第3週(13 14 15 16 17 18話)10月17日~10月22日放送予定
    「とにかく前に」 公式サイト

    スポンサード リンク