べっぴんさん あらすじ ネタバレ 39話 根元がリーダー - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 39話 根元がリーダー

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 39話 根元がリーダー

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第7週39話の内容、ネタバレになります。

    すみれの所に勉強に来ていたゆりは、梅田の自宅に戻って行きます。
    その頃、梅田の闇市では、新たな改革が起こっていました。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第7週 39話 「未来」


    五十八の提案によって、根本を中心とした健全な商店街作りが行われていました。

    闇市の店主たちは、根元の変わり様に驚きます。

    そして、根元の子分の玉井は、納得がいかないと反論しました。


    改革反対派の玉井は、ゆりの所に来ては嫌がらせをします。

    けれど、ゆりは黙ってはいませんでした。


    みんなの前で根本を支持すると言って、自分の意見を堂々と述べたのです。

    潔は、本来のゆりが戻ってきたと嬉しく思います。


    一方、店の移転を決定したすみれたちは、子供服作りに必要な生地探しを始めたものの、良い生地が入手できずにいました。

    困ったすみれたちは、以前、テーブルクロスを注文してくれたリサに相談したところ、良い生地を入手することに成功します。


    すみれたちは、おしゃれな子供服をいくつも完成させました。

    商品は商店街の女性たちに好評を得ます。

    すみれたちの仕事ぶりに関心する潔。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん(39) 2016年11月16日(水)
     「未来」 第7週(11月14日~11月19日) 公式サイト

    スポンサード リンク