べっぴんさん あらすじ 第11週「やるべきこと」後半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第11週「やるべきこと」後半

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ 第11週「やるべきこと」後半

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第11週「やるべきこと」 あらすじのネタバレです!

    開店一ヶ月前。
    キアリスが「大急百貨店」に支店を出すことになり、すみれたちは商品作りなどの開店準備におわれています。


    べっぴんさん 2016年12月12日~12月17日放送 第11週(61 62 63 64 65 66話)の後半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    べっぴんさん 第11週 「やるべきこと」後半編


    すみれが仕事に手を抜かずに一生懸命働く姿を見て心配する紀夫。

    開店前夜。
    すみれは、店のレイアウトを変更することになり、忙しさから、その日のうちに家に帰ることが出来なくなってしまいます。
    さらには、紀夫に連絡を入れませんでした。
    すみれの帰りを心配して、寝ないでずっと待っていた紀夫は、早朝に急いで帰ってきたすみれに手をあげてしまいました。


    オープン初日。
    これまでにないくらいの売上を上げを記録します。
    すみれと紀夫の関係は、気まずい状態のままでした。
    すみれは仕事が忙しく、仲直りが出来ないまま仕事に向かうことになりました。


    すみれは、過労で倒れてしまいます。
    医師からは、三日間の安静を命じられます。
    ところが、さくらは、すみれが仕事に行かないことが嬉しく喜びます。


    翌日。
    すみれは、さくらを保育園に連れて行きました。
    すると、園長から思いもよらない事を聞かされます。
    「さくらは靴が小さいことが原因で、外遊びを嫌がるのではないか?」と。
    さくらの事を見ていなかったことを深く反省するすみれ。


    一方、ゆりは近江に行き、節子にある相談をしていました。
    ゆりは、潔との関係に悩んでいたのです。


    すみれは、仕事に復帰しました。
    ところが、すみれの様子に、何か違和感を感じた君枝は尋ねました。
    すみれは、ずっと休んでいる間に考えていたことを打ち明けます。
    「キアリスを辞めようと思う…」と。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん第11週(61 62 63 64 65 66話)12月12日~12月17日放送予定
    「やるべきこと」 公式サイト

    スポンサード リンク