べっぴんさん あらすじ ネタバレ 67話 すみれ、引継ぎ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 67話 すみれ、引継ぎ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 67話 すみれ、引継ぎ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第12週67話の内容、ネタバレになります。

    すみれは、紀夫の力になれず、さくらの成長にも気づくことが出来なかった自分を反省します。
    これまで疎かにしていた、家族の幸せを優先させることを望みます。
    キアリスを辞めると宣言します。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第12週 67話 「やさしい贈りもの」


    家族との時間をもっと大切にしたいと強く感じたすみれは、キアリスを辞めると皆の前で宣言しました。

    明美も君枝も良子も、すみれの気持ちは理解しますが、引き止めたい気持ちがありました。

    しかし、明美たちは、明るく送り出そうとします。


    辞めると決断したすみれは、着々と仕事の引き継ぎを進めていきます。

    そんななか、すみれは、最後の仕事としてあるアイデアが浮かびます。

    それは、これまでベビー相談室で、お母さんたちの悩みの解決方法を書き留めてきたものを、手帖にまとめたらどうかというアイデアです。

    ところが、夫たちは、貴重な知識を手帖に書き残すことに反対し…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(67) 2016年12月19日(月)
     「やさしい贈りもの」 第12週(12月19日~12月24日) 公式サイト