べっぴんさん あらすじ ネタバレ 70話 クリスマス目玉商品 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 70話 クリスマス目玉商品

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 70話 クリスマス目玉商品

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第12週70話の内容、ネタバレになります。

    クリスマスイベントの目玉商品がいまだに思い浮かばず、君枝、良子、明美たちは悩んでいました。
    君枝は、すみれに目玉商品のアイデアを思い切って相談しに行ったところ…。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第12週 70話 「やさしい贈りもの」


    その頃、すみれは紀夫と一緒に、さくらの保育園の友達の為のクリスマスプレゼント作りに取り組んでいました。

    紀夫は、ブリキ缶の中に手作りでキャンデーを入れていました。


    君枝は、すみれにクリスマスの目玉商品のアイデアを求めに訪ねて来ました。

    すみれは、閃きます。

    ブリキ製の缶にキャンデーを詰めたら良いのではないかと。

    こうして、クリスマスイベントのキアリスの目玉商品は、ブリキ製の缶にキャンデーを入れてプレゼントすることに決定します。


    一方、キアリスのメンバーには、お金の管理を任せられないと判断した紀夫と勝二、昭一の男会メンバーは、キアリスの経理処理を手伝っていました。

    ところが、仕事の片手間では手に負えないほどの仕事の量に音をあげてしまいます。

    専任の経理担当者が必要だと考えました。


    紀夫は、すみれと過ごすうちに、すみれの気持ちが再度キアリスに向くようになってきているのではないかと感じていました。

    紀夫は、あることを考えていて…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(70) 2016年12月22日(木)
     「やさしい贈りもの」 第12週(12月19日~12月24日) 公式サイト

    スポンサード リンク