べっぴんさん あらすじ 第13週「いつものように」73 74 75話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第13週「いつものように」73 74 75話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ 第13週「いつものように」73 74 75話

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第13週「いつものように」 あらすじのネタバレです!

    すみれと紀夫は、キアリスにあたたかく迎え入れられます。
    紀夫は坂東営業部を退社し、キアリスで経理を取りまとめる仕事に就きます。


    べっぴんさん 2016年12月26日~12月28日放送 第13週(73 74 75話)のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    べっぴんさん 第13週 「いつものように」


    ある日、大急百貨店の社長・大島から、驚く提案をされました。

    「キアリスを株式会社にして、しっかりと組織にしないか?」と。

    すみれも紀夫もこの提案に好感触をみせます。

    ところが、ある問題が発生しました。

    社長を誰にするのか?

    二人とも社長になりたくないと拒否をし、すみれと紀夫は…

    なんと!麻田です。

    麻田に社長になってもらうことを頼み込んだのでした。

    こうしてキアリスは、株式会社になるための準備に動き出したのでした。

    いよいよ、株式会社キアリスとしてスタートします!

    紀夫は、改革を始めようと行動を起こしました。

    社員同士の呼び方、朝礼を決まった時間にするなど規則を設けました。

    しかし、これまで規則などなかったキアリスでは、社員たちはとても窮屈で、不満の種になります。


    ある日、すみれは紀夫の許可無く、食器類のメーカーと勝手に契約をし大量に仕入れてしまいます。

    紀夫はすみれの行動に納得できず…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん第13週(73 74 75話)12月26日~12月28日放送予定
    「いつものように」 公式サイト

    スポンサード リンク