べっぴんさん あらすじ ネタバレ 104話 夢の応援 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 104話 夢の応援

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 104話 夢の応援

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第19週104話の内容、ネタバレになります。

    二郎と一緒に住んでいるアパートに帰らない五月。
    二郎の夢を応援をしている五月は、二郎の足を引っ張りたくはありません。
    五月は暫く、坂東家で暮らすことに。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第19週 104話 「希望」


    さくらはまだ諦めてはいませんでした。

    二郎と一緒に東京へ行くことを。

    さくらはすみれに言いました。

    「二郎と東京へ行きたい」と。

    さくらの将来を心配するすみれは、二郎に五月が妊娠していることを打ち明けます。

    五月が妊娠していることを知った二郎は、五月に会いに行こうとしました。

    ところが、東京から芸能事務所の関係者が来ていると聞いてしまい、迷いが生じます。

    さくらは、二郎の東京行きを後押しします。

    しかし、紀夫の計らいにより、二郎は五月に会いに行くことにしました。


    五月は、「自分ひとりで子どもを育てる」と言って、二郎に会うことを拒み突き放します。

    二人のやり取りをそばで見ていたさくらは、胸が痛くなりました。

    静かに涙が流れ落ちます。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(104) 2017年2月6日(月)
     「希望」 第19週(2月6日~2月11日) 公式サイト

    スポンサード リンク