べっぴんさん あらすじ ネタバレ 109話 五十八永眠 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 109話 五十八永眠

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 109話 五十八永眠

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第19週109話の内容、ネタバレになります。

    五十八が心臓発作で倒れてから…
    翌年の昭和36年(1961年)。
    五十八は、静かに息を引き取りました


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第19週 109話 「希望」


    同じ日。

    五月は赤ちゃんを出産しました。

    さくらは五月の出産を見届けます。

    さくらはすみれと紀夫に、これまでの勝手なふるまいを謝罪しました。

    ようやく、すみれとさくらの親子関係は、和解していくのでした。


    そして、キアリスでアルバイトをしたことによって、自分のやりたいことを見つけたさくらは、将来はデザインの勉強がしたいと告白しました。

    すみれはさくらが目標を見つけてくれたことを喜び、心から応援すると背中を押してくれました。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(109) 2017年2月11日(土)
     「希望」 第19週(2月6日~2月11日) 公式サイト