べっぴんさん あらすじ ネタバレ 115話 旅立ち - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 115話 旅立ち

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 115話 旅立ち

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第20週115話の内容、ネタバレになります。

    昭和38年3月。
    さくらと健太郎は念願叶い、志望の大学に合格します。
    龍一の冒険旅行、忠一郎と喜代の旅立ちも近づいて来ました。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第20週 115話 「旅立ちの時」


    それぞれの旅立ちの門出を祝福するため、ジャス喫茶「ヨーソロー」で皆が集まります。

    「ヨーソロー」のマスターが板に付いてきた二郎の姿がありました。

    赤ちゃんをおんぶしながら一生懸命に働く、五月。

    さらには、嬉しいことに、武とたみ子の婚約が発表されました。

    会場は祝福ムードいっぱいで、和やかな時間を過ごすこととなりました。


    桜の季節 4月。

    それぞれ旅立ちの時がやって来ました。

    さくらと健太郎は、家族に見守られながら東京へ旅立って行きました。

    龍一、喜代と忠一郎も旅立って行きました。

    すみれと紀夫の二人だけの生活になるのでした。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(115) 2017年2月18日(土)
     「旅立ちの時」 第20週(2月13日~2月18日) 公式サイト

    スポンサード リンク