べっぴんさん あらすじ 第21週(116 117 118 119 120 121)後半 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第21週(116 117 118 119 120 121)後半

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ 第21週(116 117 118 119 120 121)後半

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第21週「新世界へ、ようこそ」 あらすじのネタバレです!

    翌年の昭和45年(1970年)
    栄輔は、日本のファッション業界をリードする存在にまでのぼりつめていました。


    べっぴんさん 2017年2月20日~2月25日放送 第21週(116 117 118 119 120 121話)の後半のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    べっぴんさん 第21週 「新世界へ、ようこそ」後半編


    栄輔は、次なる活躍の場を海外へと向けています。

    そんな栄輔の活躍を、すみれは心から祝福するのでした。


    一方、良子の夫・勝二は、あさや靴店があった店で喫茶店を経営していました。

    龍一は、冒険旅行を終えて帰ってきたのですが、傍らには女性・美代を連れています。


    その頃、さくらと健太郎は、甘やかされることなく厳しい環境で仕事をしていました。

    二人は切磋琢磨しながら、お互いを認め合う存在へとなっていました。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
    べっぴんさん第21週(116 117 118 119 120 121話)2月20日~2月25放送予定
    「新世界へ、ようこそ「」 公式サイト