べっぴんさん あらすじ ネタバレ 134話 エイスの倒産 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 134話 エイスの倒産

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 134話 エイスの倒産

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第24週134話の内容、ネタバレになります。

    オイルショックによって、日本経済は大混乱に陥りました。
    影響は大きく、第一線で活躍し、時代の寵児ともてはやされた栄輔の会社「エイス」に降りかかります。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第24週 134話 「光の射(さ)す方へ」


    「エイス」は経営破綻しました。

    エイスが倒産し、すべてを失ってしまった栄輔は、潔とゆりの家にひっそりと身を潜めていました。


    そんななか、「エイス」倒産の知らせを受けた紀夫は、キアリスの経営方針は慎重であるべきだと訴えます。

    しかし、古門の助言によってスピードを大事にする健太郎は、紀夫の経営方針に大反対します。


    初孫・藍の誕生によって幸せ一杯の紀夫。

    紀夫は、藍の成長記録を残そうと8ミリカメラを購入しました。

    すみれは、可愛らしい藍の様子を撮影する紀夫の姿を見て、あることを思いつきました。

    キアリスガイドを作ろうと。

    それも、映画版キアリスガイドです。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(134) 2017年3月13日(月)
     「光の射(さ)す方へ」 第24週(3月13日~3月18日) 公式サイト

    スポンサード リンク