べっぴんさん あらすじ 第25週(140 141 142 143 144 145) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ 第25週(140 141 142 143 144 145)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ 第25週(140 141 142 143 144 145)

    NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 第25週「時の魔法」 あらすじのネタバレです!

    潔の提案により、一気にすみれたちの気持ちが高まります。
    東京銀座の一等地に空いているビルで、キアリスの出店を提案してきたからです。


    べっぴんさん 2017年3月20日~3月25日放送 第25週(140 141 142 143 144 145話)のあらすじです。
    ざっくりとした概要になります。


    べっぴんさん 第25週「時の魔法」


    すみれたちの夢は、子供服だけでなく、子供用品がすべて揃う総合百貨店を作ることです。

    こんな良い話はないとあって、早速銀座のビルへ足を運びます。

    すみれたちは、自分たちが望んでいたような良い物件であったため、とても気に入りました。

    すっかり気に入ったすみれたちは、次から次へと夢が膨らみます。


    早速、開店準備に取り掛かりたいところですが、資金繰りが上手くいきません。

    そこへ手を差し伸べてきたのが、古門です。

    古門は、キアリスに出資したいと挨拶に来たのです。


    すみれたちは、「エイス」のこともあるので古門のことを信用していませんでした。

    ところが、どうしても総合百貨店を作りたいと願うすみれたちは、古門に資金援助をしてもらいたいと考えるように…。


    しかし、ここで健太郎が断固反対します。

    古門に頼ることはいけないと言い出したのです。


    そんななか、栄輔は「男の着こなし講座」の依頼取材や執筆の仕事が入ってくるようになりました。

    栄輔は、ファッション評論家として活躍していくことに。

    すみれ、君枝、良子、明美、紀夫は、退職を考えるように…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
    べっぴんさん第25週(140 141 142 143 144 145話)3月20日~3月25日放送予定
    「時の魔法」 公式サイト

    スポンサード リンク