べっぴんさん あらすじ ネタバレ 142話 すみれ引退 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 142話 すみれ引退

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 142話 すみれ引退

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第25週142話の内容、ネタバレになります。

    すみれたちは経営の第一線から引退することを考えるように。
    紀夫もまた…。

    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第25週 142話 「時の魔法」


    新宿の百貨店の開店を通して、自分たちの想いが次の世代に受け継がれていることを確信した、すみれ、君枝、良子、明美。

    4人は安心してキアリスを任せられることができると確信したため、キアリスの引退を考え始めることになります。


    すみれは、君枝、明美と良子を集めて、退職する気持ちを確認しあいました。

    4人とも同じ気持ちでした。

    そして、紀夫もまた同じように感じていました。

    紀夫は、社長を引退することを決意します。

    すみれと紀夫は、これまで歩んで来たキアリスの思い出話を始めます。

    生活するだけでも大変な時代になり、困って始めた商売のこと。

    ベビーショップあさやの一角を借りて、その頃からずっと走り続けてきたこと…。

    紀夫は、内緒にしていたことを告白します。

    実は、幼いころからずっと、すみれを好きだったことを…。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ
     べっぴんさん(142) 2017年3月22日(水)
     「時の魔法」 第25週(3月20日~3月25日) 公式サイト

    スポンサード リンク