ひよっこ 7話 あらすじ ネタバレ「父との別れ」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 7話 あらすじ ネタバレ「父との別れ」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ひよっこ 7話 あらすじ ネタバレ「父との別れ」

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第2週7話の内容、ネタバレになります。

    谷田部家は、出稼ぎで一時帰ってきた父・実と一緒に稲刈りをしました。
    しかし、稲刈りが終わればまた実は東京に戻ってしまいます。
    この楽しい時間がずっと続けばいいのに…みね子は願います。


    朝ドラ ひよっこの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    ひよっこ 第2週 7話 「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」


    楽しい稲刈りが終わってしまい、実が東京に戻る日がきました。

    みね子は、とても悲しいけれど、家族皆が寂しい雰囲気にならないように、朝ごはんの席で明るく振る舞います。

    ちよ子と進にも笑顔でいるように言い聞かせます。

    実は楽しかった家族たちとの別れを名残惜しみます。

    美代子の手を握り、バス停までの道のりを歩くみね子たちでした。



    東京に戻った実は、真っ先に赤坂の洋食屋「すずふり亭」を訪れました。

    実は、ポークカツサンドのお礼にと美代子から預かった手料理を渡したのでした。


    その頃、奥茨城では三男は、何か考え事をしていました。

    オリンピックの聖火リレーについて、みね子と時子にある提案をするのですが…。

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     ひよっこ(7) 2017年4月10日(月)
     「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」 第2週(4月10日~4月15日) 公式サイト


    スポンサード リンク