ひよっこ 7週 42話「みね子の罪悪感」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 7週 42話「みね子の罪悪感」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ひよっこ 7週 42話「みね子の罪悪感」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第7週42話 5/20 ネタバレになります。

    みね子、時子、三男が再会している頃、奥茨城村では、母親たちは谷田部家に集まっています。
    みね子たちが東京へ旅立って以来、度々集まっては子どもたちの事をあれこれと語りあっていたのです。


    朝ドラ ひよっこ 42話の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    ひよっこ 第7週 42話 「椰子の実たちの夢」


    キヨは、三男からの手紙には苦労していることが一切書かれていないことを逆に心配していること。

    美代子は、みね子が谷田部家の大黒柱となって働いてくれていること。

    3人の子どもの頃の思い出、近況など、話すことはつきません。

    美代子、君子、キヨは、笑いあり、涙ありで語りあい、寂しい気持ちをそれぞれ共有していました。



    東京へ来てから3ヶ月。

    東京で過ごす初めての夏がやって来ました。

    みね子は仕事にすっかり慣れ、ミスをすることはなくなりました。

    優しい同僚たちに恵まれ、楽しく毎日を過ごしています。

    そんな充実した生活の中で、みね子は罪悪感を感じはじめてました。

    父・実のことを考えることが少なくなってきているからです。

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     ひよっこ(42) 2017年5月20日(土)
     「椰子の実たちの夢」 第7週(5月15日~5月20日) 公式サイト


    スポンサード リンク