ひよっこ 9週 53話「三人の約束」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 9週 53話「三人の約束」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ひよっこ 9週 53話「三人の約束」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第9週53話 6/2ネタバレになります。

    向島電機の工場が閉鎖された数日後。
    みね子と時子、三男は再会しました。
    三人は喫茶店で話をしていますが、そこには後をつけてきた人がいて…。


    朝ドラ ひよっこ(53)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    ひよっこ 第9週 53話 「小さな星の、小さな光」


    みね子と時子は、三男に頼みごとをしました。

    三男は正月休みに帰省する予定だったため、みね子と時子は、自分たちは帰省しないことを家族に伝えて欲しいといいます。

    さらには、向島電機が倒産したことは、家族には黙っていて欲しいとお願いしました。

    新しい仕事が落ち着くまでは倒産したことは内緒にしたいと言うのです。


    一方、三男は二人に愚痴をこぼします。

    勤め先の米屋の父と娘の仲が悪いので、「親子に気を使っている…」と。



    みね子と時子は、三男の話を聞いていると…

    さおりは、「三男のことが好きなのでは?」 「養子に入ってほしいのではないか?」などなど、思いつくことを話します。

    すると、三男は即答で断固拒否。

    「そんなことをするために東京に出てきたのではない」と。


    三人の様子を、三男の後をつけてきた さおりが聞き耳を立てていました。

    さおりは、思わず水をこぼしてしまいます。

    三男の話す内容に絶えられなくなり、喫茶店を出てしまいました。

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     ひよっこ(53) 2017年6月2日(金)
     「小さな星の、小さな光」 第9週(5月29日~6月3日) 公式サイト


    スポンサード リンク