ひよっこ 13週 73話「実の新情報」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 13週 73話「実の新情報」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ひよっこ 13週 73話「実の新情報」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第13週73話 6/26ネタバレになります。

    1966年4月。
    みね子の妹・ちよ子は中学生になりました。
    その頃、みね子を訪ねて綿引がやって来ます。
    実の新情報を伝えに来てくれて…。


    朝ドラ ひよっこ(73)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    ひよっこ 第13週 73話 「ビートルズがやって来る」


    ある日、警察官を辞めて茨城に帰った綿引が、みね子を尋ねて来ました。

    みね子は、綿引の突然の来訪に驚きます。


    話を聞いてみると、綿引は、みね子に会いに乙女寮に行ったのですが、向島電機は無くなっていて…。

    みね子の現住所を聞いて、ここまで訪ねて来てくれたのでした。

    みね子は、綿引がわざわざ自分に会いに来てくれたのだと知り、とても嬉しく思いました。


    綿引は、みね子の父・実の新しい情報が入ったので知らせにきたと言います。

    警察官は辞めたものの、今でも実のことを探してくれていたのでした。


    鈴子たち従業員が見守るなか、みね子は新情報を聞きます。

    一方で、あかね荘の住人たちに、みね子の父が行方不明であることを知られてしまいます。

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     ひよっこ(73) 2017年6月26日(月)
     「ビートルズがやって来る」 第13週(6月26日~7月1日) 公式サイト


    スポンサード リンク