ひよっこ 26週(最終週) 153話「ポットマム」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 26週(最終週) 153話「ポットマム」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    ひよっこ 26週(最終週) 153話「ポットマム」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第26週153話 9/27ネタバレになります。

    みね子宛てに実から手紙が届き、急いで奥茨木村へ。
    車掌をしていた次郎が、村長選挙に立候補。
    中華料理屋の五郎と安江の元に、養子の茜がやって来た。

    朝ドラ ひよっこ(153)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    ひよっこ 第26週(最終週) 153話 「グッバイ、ナミダクン」


    谷田部家では、花の栽培を本格的に始めていました。

    母・みよ子からではなく、父・実からみね子に手紙が届き、「見せたいものがある」と書いてあります。

    何のことか分からないみね子。

    秀俊に相談していると、そこへ由香がやって来て、急いで奥茨城村に帰らせてもらうことにしました。


    バス停に到着すると、ちよ子と進が迎えに来てくれていました。

    家までの道中を会話しながら楽しみます。

    二人の成長に嬉しくなるみね子でしたが、家近づいてくると、二人は先に走って行ってしまいました。

    みね子にはゆっくりと来るようと言います。

    みね子は何のことか分からず、言われたとおりにゆっくりと進みます。

    しばらく歩いて行くと、鮮やかな花が目の前に見えてきました。

    スポンサード リンク


    目線の先には、谷田部家 家族全員が並んでいます。

    話を聞くと、谷田部家では、「西洋の菊」であるポットマムを栽培していました。

    それを東京の花屋に売るのだと言います。


    実は、ちょうど花が咲くこの季節にみね子を呼んで、見せたかったのだと言いました。

    そして、みね子に「もう仕送りは送らなくていい」

    「これからはみね子は自由なので、好きにするば良い」と。

    茂は、これまでのみね子の頑張りに感謝を述べ頭を下げると、実、美代子、ちよ子に進も同様にみね子に頭を下げました。

    みね子は、もう自分がいなくても谷田部家は大丈夫だと確信しました。

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     ひよっこ(153) 2017年9月27日(水)
     「グッバイ、ナミダクン」 第26週(9月25日~9月30日) 公式サイト


    スポンサード リンク