ひよっこ 26週(最終週) 151 152 153 154 155 156話 まとめ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ひよっこ » ひよっこ 26週(最終週) 151 152 153 154 155 156話 まとめ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    ひよっこ 26週(最終週) 151 152 153 154 155 156話 まとめ

    NHK連続テレビ小説 ひよっこ 26週 最終週「グッバイ、ナミダクン」9/25~9/30あらすじ ネタバレです!

    26週は、まだ回収されていない登場人物の完結ストーリーです。
    詳細には書きませんが、ある程度書いています。


    ネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    朝ドラ ひよっこ 第26週「グッバイ、ナミダクン」 (151 152 153 154 155 156話) あらすじ


    省吾が元治と秀俊に提案した、二人の考えた新メニュー披露の日。

    料理が出来上がり、鈴子とみね子は美味しいと褒めますが、省吾は黙々と食べ…。


    三男とさおりの関係は相変わらず。

    さおりは積極的に三男にアプローチしていて、どさくさにまぎれて、三男にキスを。

    怒った三男ですが、きちんと話を聞いてほしいと言って、さおりに自分の素直な気持ちを告白します。

    なんと、二人は付き合うことになりました。

    ただし、三男から出された条件が二つあります。

    その条件とは?

    その後、三男とさおりは結婚することになりました。

    スポンサード リンク


    一方、啓輔と祐二の描く漫画に進展がありました。

    みね子がモデルの漫画ですが、編集者から「21世紀からやってきたロボットにしてはどうか?」と提案されます。

    二人はみね子に悪いと思って一度は断るものの、みね子は案外乗り気で面白そうだと背中を押してくれました。

    その後、啓輔と祐二の描いた みね子が主人公の未来型ロボットは、日の目をみることになり…。


    早苗ですが、待ち人が現れます。

    18歳の時からずっと待っていた年上の男・片岡龍二です。

    25歳まで待っていると約束していたのですが、早苗は30歳になっていました。

    片岡は、早苗に遅くなったけど迎え来たと言います。

    早苗は、大粒の涙を流しながら片岡龍二の胸に飛び込んで行きました。

    そうして、ずっと暮らした「あかね荘」を出て行くことになり、早苗は海外へ…。





    一方、愛子と省吾は結婚しました。

    愛子は、「あかね荘」から引越して行きました。

    みね子も愛子も涙を流しながら悲しみますが、引越し先は目の前の「すずふり亭」の二階です。


    その後、「あかね荘」には新しい住人がやって来ます。

    なんと、豊子と澄子が引っ越してくることになりました。


    谷田部家は、「親子みんなで歌合戦」に出場することになり、東京へ上京します。

    家族みんなで、初めて「すずふり亭」で食事をとりました。


    みね子と秀俊ですが、秀俊が「俺たち結婚しよう」とみね子にプロポーズしました。

    二人は、結婚することに。

    みんなに祝福されながら、みね子と秀俊は、新しい一歩を踏み出しました。

    <完>

    ◇平成29年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
    ひよっこ第26週 最終週(151 152 153 154 155 156話)9月25日~9月30日放送予定
    「グッバイ、ナミダクン」公式サイト


    スポンサード リンク