わろてんか 7週 37話「開業準備」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 7週 37話「開業準備」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    わろてんか 7週 37話「開業準備」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第7週37話 11/13ネタバレになります。

    てんの実家、藤岡家からお金を用立て貰い、念願の寄席を手に入れることに成功。
    早速、夢の寄席の開業に着手しますが…。


    朝ドラ わろてんか(37)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第7週 37話 「風鳥亭、羽ばたく」


    てんは、儀兵衛から謝金の申し込みを拒絶されましたが、祖母・ハツの助けもあり、お金を用意することが出来ました。

    念願の鶴亀亭を購入します。


    寄席を手に入れたてんと籐吉は、早速開業準備に取り掛かります。

    しかし、初めてのことで悪戦苦闘。

    座布団や湯のみなど備品も用意しておらず、本当に大丈夫なのかと、啄子にあきれられてしまいます。



    芸人仲間の万丈目たちに協力してもらい、慌しく準備が進められていきました。

    ところが、一番大事な出演者が決まりません。

    藤吉は頭を悩まします。

    客を呼べる落語家は、籐吉たちのような小さな寄席に出演してくれません。

    そこで、古くから付き合いのある芸人仲間に声をかけますが…。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(37) 2017年11月13日(月)
     「風鳥亭、羽ばたく」 第7週(11月13日~11月18日)公式サイト


    スポンサード リンク