わろてんか 12週 67話「大入り満員」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 12週 67話「大入り満員」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    わろてんか 12週 67話「大入り満員」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第12週67話 12/18ネタバレになります。

    籐吉の念願だった団吾を専属契約することができた。
    人気落語家だけあって、「風鳥亭」は大盛況。


    朝ドラ わろてんか(67)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第12週 67話 「お笑い大阪春の陣」


    団吾は、「北村笑店」と専属契約することを約束してくれました。

    籐吉の読みが当たり、団吾のおかげで「風鳥亭」は、連日満員の大盛況です。


    勢いにのった籐吉は、寄席をもう一件増やすと言い出します。

    しかし、寺ギンから芸人を派遣していることが、籐吉の悩みの種でした。

    そこで、「北村笑店」と契約する専属芸人を増やそうと考えます。


    そんななか、寺ギンが管理する芸人が怪我をしました。

    寺ギンの妻・富が藤吉に借金を頼み込みます。

    籐吉は、筋違で納得がいかないからと、お金を貸すことを断りました。


    一方、新しい事業に乗り出した伊能栞は、大阪郊外で映画館を中心とした娯楽施設を作る、大きな構想を打ち出します。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(67) 2017年12月18日(月)
     「お笑い大阪春の陣」 第12週(12月18日~12月23日)公式サイト


    スポンサード リンク