わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」61話(6/22) 第13週「スター発掘オーディション!」 Jun 16, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」


    ・再放送「エール」第1回に戻って放送します!
    第01週/001回~005回/(06月29日~07月03日)「初めてのエール」

    スポンサード リンク

    わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第13週75話 12/27ネタバレになります。

    籐吉とてんは、島根から安来節の踊り子を採用。
    反対する親を説得し、大阪へ連れて来たが…。


    朝ドラ わろてんか(75)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第13週 75話 「エッサッサ乙女組」


    「北村笑店」の寄席で新しい興行をめざす籐吉とてんは、島根で流行し始めていた安来節の踊り子を採用しました。

    てんは、娘四人を大阪に連れて帰ってくる際、自分が”大阪のお母ちゃん”になって、責任もって面倒みる事を決意します。

    踊り子四人には、女子寮を用意し、生活の面もすべてみることに。

    「安来節乙女組」という名を付けてもらいます。

    スポンサード リンク

    田舎から思い思いで大阪へやって来た娘たちは、都会での共同生活に慣れず、喧嘩が耐えませんでした。

    そのせいか、稽古は息が合わず踊りがバラバラ。

    いつになったら高座に上がらせることができるのか?てんも籐吉も頭を抱えてしまいます。

    そんな時、風太が、自分が監督すると言って声をあげました。

    こうして、「安来節乙女組」は、風太が総監督として任されることになりました。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(75) 2017年12月27日(水)
     「エッサッサ乙女組」 第13週(12月25日~12月28日)公式サイト


    スポンサード リンク