わろてんか 15週 80 81 82 83 84 85話まとめ あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 15週 80 81 82 83 84 85話まとめ あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    わろてんか 15週 80 81 82 83 84 85話まとめ あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第15週80 81 82 83 84 85話のネタバレになります。

    大正10年(1921年)。
    「北村笑店」はさらなる発展をめざし、関東進出をもくろみ東京の寄席を回っていた。
    キースはアメリカへ旅立ってから二年が経過。


    朝ドラ わろてんか(80 81 82 83 84 85)は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第15週 まとめ 「泣いたらあかん」


    キースとコンビを解消したあさりは、泣かず飛ばずの状態が続いていました。

    ある日、籐吉は、浅草の寄席で、アメリカに居るはずのキースを目撃します。


    一方、大正12年(1923年)9月1日、関東大震災が発生。

    籐吉とてんは、東京にいるキースや芸人たちの安否を心配し、物資を届けることを決定します。



    キースは、「東京のお母ちゃん」と慕う、志乃という女性を東京から一緒に連れ帰ってきました。

    志乃は地震のショックで記憶喪失でした。

    てんは、長屋に住まわせ、しばらく面倒をみることにします。


    そんななか、てんと籐吉は、志乃にあってから伊能の様子がおかしいことに気がつきます。

    記憶喪失の志乃は、伊能の実の母だったのです。

    ところが、伊能の気持ちは複雑で、幼い頃の記憶に苦しめられてしまいます。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(80 81 82 83 84 85)
     「泣いたらあかん」 第15週(1月8日~1月13日)公式サイト


    スポンサード リンク