わろてんか 23週 133話「再び戦地へ」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 23週 133話「再び戦地へ」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    わろてんか 23週 133話「再び戦地へ」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第23週133話 3/10ネタバレになります。

    「わろてんか隊」日本に帰国。
    手紙を預かってきたリリコは、ショックを受ける。


    朝ドラ わろてんか(133)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第23週 133話 「わろてんか隊がゆく」


    「わろてんか隊」は、一旦上海から日本に帰国しました。

    無事、皆が帰国できたことに胸を撫で下ろすてんやトキ。


    一方、一緒に帰国したリリコは、兵隊から恋人に宛てた手紙を預かって来ました。

    ところが、手紙の届け先で、その兵隊が最近戦死したと聞いてショックを受けてしまいます。



    そんななか、てんは再び新聞社から、再び慰問団を派遣して欲しいと要請されました。

    安堵したばかりなのに、また慰問団を派遣することに躊躇してしまいます。

    籐吉の遺影に話しかけながら、自問自答してしまいます。

    風太や「わろてんか隊」の芸人たちは、笑いを届けることに喜んで賛成しました。

    てんやトキの心配は耐えませんが、「わろてんか隊」は、再び戦地へと向かいました。

    ♢わろてんか(133) 2018年3月10日(土)
     「わろてんか隊がゆく」 第23週(3月5日~3月10日)公式サイト


    スポンサード リンク