わろてんか 25週 143話「てんと隼也の和解」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 25週 143話「てんと隼也の和解」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    わろてんか 25週 143話「てんと隼也の和解」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第25週143話 3/21ネタバレになります。

    召集令状が届いた。
    てんは隼也の願いを聞き入れる。


    朝ドラ わろてんか(143)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第25週 143話 「さらば北村笑点」


    隼也に召集令状が届きました。

    風太は、急いで隼也に電報を打ち知らせます。

    てんはショックを受けますが、隼也を勘当しているので、何もしてやることができません。


    てんは毎日、藤吉の遺影に話しかけています。

    風太は気を利かし、隼也の自宅のある川崎へと足を運びました。

    入隊前に、てんと隼也に話す時間を作ってやろうと考えます。



    隼也が大阪に帰ってきました。

    つばきと駆け落ちしたことを詫びました。

    突然の訪問にびっくりと戸惑いを隠せませんが、反面嬉しいてん。

    どこかぎこちない二人は、久しぶりに親子で出征祝いの夕食をとりました。


    隼也は、てんにお願いします。

    自分が留守する間、妻・つばきと息子・藤一郎の面倒を見て欲しい、と。

    てんは、隼也の願いを受け入れ、二人の面倒をみることを約束しました。

    隼也の目から涙が零れ落ちていました。

    ♢わろてんか(143) 2018年3月22日(木)
     「さらば北村笑点」 第24週(3月19日~3月24日)公式サイト


    スポンサード リンク