半分、青い。2週11話 「鈴愛の涙」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 半分、青い。 » 半分、青い。2週11話 「鈴愛の涙」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    半分、青い。2週11話 「鈴愛の涙」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「半分、青い。」 第2週11話 4/12ネタバレになります。

    鈴愛の耳が聴こえなくなってしまったことで、自分を責める晴。
    気丈にふるまう鈴愛でしたが…。


    朝ドラ 半分、青い。(11)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    半分、青い。 第2週 11話 「聞きたい!」


    耳の不調を訴えてから大学病院で精密検査を受けた鈴愛は、耳の病気が判明。

    左耳の聴力は失っていました。

    これから先、聴力が回復することはないと告げられてしまいます。

    医師から告げられ、悲観する晴や宇太郎。

    そんな二人に対して、鈴愛は、泣き叫ぶこともなく、何事もなかったようにいつもと同じように明るくふるまいます。

    晴や家族たちは、そんな娘の姿に心が痛い。

    晴は母親の責任が重いと感じ、毎日涙を流しながら過ごしていました。



    ある日、学校で平均台の授業がありました。

    不安がる鈴愛を心配し、律は機転を利かします。

    平均台の授業をなくしてしまいました。


    学校帰り。

    鈴愛は、初めて涙を流します。

    律は、鈴愛が泣き止むまでずっとそばにいてあげました。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     半分、青い。(11) 2018年4月13日(金)
     「聞きたい!」 第2週(4月9日~4月14日)公式サイト


    スポンサード リンク