半分、青い。7週38話 「かけあみ」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 半分、青い。 » 半分、青い。7週38話 「かけあみ」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    半分、青い。7週38話 「かけあみ」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「半分、青い。」 第7週38話 5/15ネタバレになります。

    課題は「かけあみ」のクリア。
    律の大学生活。


    朝ドラ 半分、青い。(38)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    半分、青い。 第7週38話 「謝りたい!」


    「アシスタントにしなければ原稿は返さない!」と要求した鈴愛は、秋風から課題を言い渡されます。

    一週間後に『かけあみ』のテストが行われることが急遽決まりました。

    秋風は、鈴愛には難しい漫画の技法「カケアミ」ができるわけがないと思っていました。


    鈴愛は、課題の「かけあみ」をクリアする気でいます。

    秋風は、気合をいれて奮闘する姿に呆れてしまいます。


    そんななか、律は大学同級生であり、隣人の正人と仲良くなりました。

    二人は、近所の喫茶店『おもかげ』にやって来ます。


    話しの内容は…

    正人は、なぜか女子にもてました。

    その為、正人の恋愛観を律が聞いています。

    すると、背後の男性客が聞き耳をたたてています。そして、話をメモに書き留めていました。

    その男性客はなんと!人気漫画家であり、鈴愛の師匠・秋風でした。


    その頃、鈴愛は、「かけあみ」に悪戦苦闘していました。

    やり方がわからず、アシスタントのボクテに指導をお願いします。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     半分、青い。(38) 2018年5月15日(火)
     「謝りたい!」 第7週(5月14日~5月19日)公式サイト


    スポンサード リンク