まんぷく 6週32話 「塩作り」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 6週32話 「塩作り」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まんぷく 6週32話 「塩作り」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第6週32話 11/6ネタバレになります。

    「清香軒」の美味しいラーメン屋でのスープがきっかけ。
    塩作りに奔走する。


    朝ドラ まんぷく(32)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第6週 32話 「お塩を作るんですか!?」


    久しぶりに食べたラーメンは、少し塩気が足りない…。

    戦後、塩が手に入りにくい状態だった為でした。

    萬平は、泉大津の目の前に広がる海から塩を作ることを思いつきます。

    ちょうど倉庫にあった大量の鉄板を使って、塩作りができなかと考えます。


    塩といったら塩の産地である赤穂。

    萬平は、早速、神部を連れて赤穂へ向かいました。



    一方、福子と鈴は、自分たちができることをします。

    近所に着物と食べ物を物々交換するためにお願いして回ります。

    『塩作り!』と決めた萬平は塩作りに夢中で、福子たちの苦労も気がつきません。


    江戸時代から続く塩の作り方を学んで帰って来た萬平。

    帰宅すると食事も取らず、鉄板を加工し、塩作りまっしぐら。

    翌日からは塩作りを開始しました。

    海水を繰り返し鉄板の上へ流し、水分を蒸発させ…

    何度も何度もこの工程をくり返していくと塩ができます。


    こうして初めての塩ができあがりました。

    思いのほか、上手く塩ができたのです。

    ◇2018(平成30)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(32) 2018年11月6日(火)
     「お塩を作るんですか!?」 第6週(11月5日~11月10日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク