まんぷく 11週61話 「まんぺい印のダネイホン!」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 11週61話 「まんぺい印のダネイホン!」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まんぷく 11週61話 「まんぺい印のダネイホン!」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第11週61話 12/10ネタバレになります。

    製塩業の取引停止命令が。
    塩が作れなくなってしまい…。


    朝ドラ まんぷく(61)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第11週 61話 「まんぺい印のダネイホン!」


    萬平と社員たちは、進駐軍から釈放され帰って来ました。

    皆、喜んだのもつかの間、たちばな塩業の業務が停止していたため鉄板が錆ついてしまっていました。

    さらに、塩の専売局から取引停止の連絡が来ました。

    「たちばな塩業」の逮捕の記事が新聞に掲載された為、無実でしたが、悪いイメージは払拭できないのでした。

    呆然とする萬平。


    萬平は、苦労して製塩業を始めたので、復旧すると強がりました。

    すると福子は、製塩業は諦めて、ダネイホンに専念するべきだと提案します。

    塩は競業相手がいるが、ダネイホンはいないので売れると考えたのです。


    一方、神部とタカに進展がありました。

    香田家では、タカが学校を卒業したら、神部と結婚することが認められました。

    ♢2018(平成30)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(61) 2018年12月10日(月)
     「まんぺい印のダネイホン!」第11週(12月10日~12月15日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク