まんぷく 13週76話 「世論を味方に」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 13週76話 「世論を味方に」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まんぷく 13週76話 「世論を味方に」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第13週76話 12/27ネタバレになります。

    家宅捜索。
    奨学金は非課税だった!


    朝ドラ まんぷく(76)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第13週 76話 「生きてさえいれば」


    あまりにも不当な扱いを受けている萬平。

    納得いかず、東先生の提案のもと、裁判を起こしました。


    財務局は不穏な動きを見せはじめました。

    福子たちの弱みを握ろうと周りを嗅ぎまわります。

    弁護士・東先生の弁護士事務所に家宅捜索が入りました。

    しかし、財務局のもくろみは外れます。


    東は、脱税の見せしめにするにしても、あまりにも財務局の対応には違和感が残る。

    なぜ萬平だけが…。

    何か裏があるのではないかと探ってみます。

    すると、信じられない事実が発覚しました。



    萬平の逮捕は明らかに不当逮捕でした。

    「奨学金は非課税」という通達が出ていたことが判明したのです。

    奨学金には税金がかからないのです。

    奨学金が脱税とみなされ、逮捕された萬平は無実でした。


    福子は、萬平を助けられると喜びますが、東先生は、相手は進駐軍なので、そう簡単には事が運ばないと考えます。

    世良は「世論を味方につける」ことを提案しました。

    新聞などマスコミを利用して、萬平の不当逮捕の記事を掲載してもらうことにより、世論を味方に付けるのです。

    すると、世間では一気に萬平の味方に…。

    ♢2018(平成30)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(76) 2018年12月27日(木)
     「生きてさえいれば」第13週(12月24日~12月28日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク