まんぷく 23週133話 「凡人の悩み」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 23週133話 「凡人の悩み」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まんぷく 23週133話 「凡人の悩み」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第23週133話 3/9ネタバレになります。


    萬平のスピードに対して、開発チームの遅さ。
    萬平は天才?!


    朝ドラ まんぷく(133)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第23週 133話 「新商品!?」


    「まんぷくぬーどる」を欧米人でも食べやすいように、試行錯誤を繰り返す商品開発チーム。

    試行錯誤の末、欧米人が食べやすい麺の長さは、これまでの半分の長さであると決定します。

    さらに、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見します。

    ところが、開発チームの仕事お遅さにイライラする萬平。

    容器やスープの開発が、遅れていました。


    開発チームは、仕事が速い萬平に対して、難航していたのです。

    その様子に真一は、心配します。


    源は、「お父さんは天才だけど、自分には無理だ」と弱音まで吐きはじめる始末です。

    福子は、「源のいってることは言い訳にしかならない」と叱責し、背中を押しました。


    さらには、福子は萬平にも進言します。

    「社内には、萬平に意見を言う人はいない。それが、開発が遅れている原因なのではないか?」と。

    ♢2019(平成31)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(133) 2019年3月9日(土)
     「新商品!?」第23週(3月4日~3月9日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク