朝ドラ「なつぞら」のヒロインは、広瀬すず - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » 朝ドラ「なつぞら」のヒロインは、広瀬すず

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「なつぞら」のヒロインは、広瀬すず

    NHK 連続テレビ小説100作目のヒロインは、奥原なつ役を演じる・広瀬すずです。
    オリジナル脚本は、大森寿美男が担当。
    主題歌:優しいあの子スピッツが担当します。


    連続テレビ小説「なつぞら」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15
    なつぞら NHK公式サイト


    東京大空襲で両親を亡くした奥原なつ。
    父の戦友で北海道で酪農を営む柴田剛男に引き取られて北海道・十勝に移り住むことになりました。

    剛男の義父・泰樹は偏屈者で、なつを厄介者と言いながらも内心ではふびんに思っています。

    子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳しぼりを懸命に手伝います。
    その頑張りに泰樹も心を動かされていき、次第に、なつに生きる術をとことんたたき込むようになって行きます。

    天真らんまんな子どもらしさを取り戻したなつは、やがてすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会います。
    そして、高校生になったなつは、天陽の影響で絵を描く仕事に夢を持ち始めるように。

    その後、奥原なつは上京し、日本アニメ草創期に活躍した女性アニメーターへ。

    愛と感動のドラマです。

    スポンサード リンク


    養女としてなつを育てる母・柴田富士子を松嶋菜々子、富士子の夫で、戦友だったなつの父との約束を果たした剛男を藤木直人、なつの兄・咲太郎を岡田将生が演じます。
    その他の主用キャストは、吉沢亮、高畑淳子、草刈正雄など、出演者も豪華です。

    また、作品にとって重要な「語り」を内村光良が勤めます。



    なつぞら あらすじ 第1週
    なつよ、ここが十勝だ 4月1日(月)〜4月6日(土)

    どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ。
    昭和21年初夏、なつは9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男に引き取られて十勝にやってきた。

    妻・富士子は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。



    なつぞら キャスト


    広瀬すず・・・奥原なつ 役
    戦争で両親を亡くし、父の戦友・剛男に引き取られて北海道・十勝に移り住む。剛男の義父・泰樹のもとで牧場を手伝い、天真らんまんな明るさを取り戻す。高校卒業後に上京。アニメーション業界に飛び込み、アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮する。

    松嶋菜々子・・・柴田富士子 役
    泰樹の娘。父譲りの優しさとたくましさを持つ。養女となったなつとの関係に戸惑いつつも、わが子同然に育てようとする。明るく前向きな性格。牛乳やバターを使ったお菓子作りや料理が得意。

    藤木直人・・・柴田剛男 役
    富士子の夫。なつの父の戦友。どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束を果たし、なつを十勝に連れてくる。婿養子として酪農家の柴田家に入ったため、義父の泰樹には頭が上がらない。

    岡田将生・・・奥原咲太郎 役
    なつの兄。戦争で両親を亡くし、妹のなつと千遥の親代わりとなる。なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後は孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。

    吉沢亮・・・山田天陽 役
    青年画家。美術の才能があるものの、家庭が貧しく、進学せずに農業を手伝う。アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。

    高畑淳子・・・小畑とよ 役
    菓子屋「雪月」の先代のもとに嫁ぎ、苦労を重ねるうちに強い性格となる。歯に衣着せぬおしゃべりで、常連の泰樹にも毒舌を浴びせる。十勝のことなら何でも知っている生き字引のような存在。

    草刈正雄・・・柴田泰樹 役
    十勝の酪農家。18歳の時に北陸地方から1人で入植し、妻が亡くなった後は男手一つで娘の富士子を育てる。偏屈で頑固な性格。深い愛を持って、なつに人生を生き抜く術を教え込む。


    ♢連続テレビ小説 「なつぞら」
    NHK総合 8時00分~8時15分放送予定

    スポンサード リンク