なつぞら 6週32話 「なつ、帰郷」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 6週32話 「なつ、帰郷」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 6週32話 「なつ、帰郷」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第6週32話 5/7ネタバレになります。

    なつ、天陽の兄・陽平がアルバイトしている会社・新東京動画社へ。
    見学だけではなく、絵を描かせてもらいます。
    なつの絵を見て才能があると、陽平の先輩・仲が褒めてくれる。


    朝ドラ なつぞら(32)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第6週 32話 「なつよ、雪原に愛を叫べ」


    兄の居場所がわからないはないまま、なつは北海道へ帰って来ました。

    また、いつもの生活に戻ります。


    ある日、照男が映画のチケットをもって誘いにやってきました。

    なつは、帯広で上映するディズニー映画のチケットを2枚貰いました。

    照夫は自分とではなく、天陽と行けと言います。


    照男は、恥ずかしくて本心が言えません。

    その様子を遠くから、泰樹は見ていました。

    泰樹は、なつに家を継いで欲しいので、照男と結婚するのが良いと思っていました。

    本当の家族になれるからです。

    そんな泰樹の気持ちは届かず、なつは天陽を誘いに家に行きました。

    ♢2019(平成31)年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
    なつぞら(32) 「なつよ、雪原に愛を叫べ」第6週(5月6日~5月11日) 
    なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク