なつぞら 6週36話 「泰樹の後悔」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 6週36話 「泰樹の後悔」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 6週36話 「泰樹の後悔」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第6週36話 5/11ネタバレになります。

    なつを賭けた男の約束は、照男が勝利。
    約束どおり、天陽は、なつを呼び出した。
    翌日、なつは天陽のところに行こうとすると、察したのか泰樹がなつを呼び止めた。
    泰樹は、ついに言ってしまい…。

    朝ドラ なつぞら(36)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第6週 36話 「なつよ、雪原に愛を叫べ」


    「結婚する気あるのか?」

    「照男だとダメか?」

    「照男には、俺から言ってある」

    なつは唖然とします。

    そして、酷いショックを受けます。

    「もう家族に戻れないよ」

    なつの、今まで見たことのない怒りと悲しみがかえってきます。


    泰樹は、取り返しの付かないことをしてしまったと、後悔しました。

    「俺は、ただ本当の家族になりたかっただけなんだ…」


    そこで照男がフォローしました。

    「お前のことは妹としか思えない。でも、じいちゃんの気持ちも少しは考えてやれ」と。

    そして、大丈夫だからと言って、なつを天陽のところへ行くようにと促しました。

    なつが家を出て暫くすると、外は吹雪へとなって行きました。

    その頃、天候の急変で、なつを心配する柴田家の面々ですが、天陽の家へたどり着いているとばかり思っていました。


    一方、山田家では、なつは家へ向かっていると思っていませんでした。

    なつは、吹雪の中、必死に進もうとしていましたが、ついに倒れてしまいます。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(36) 2019年5月11日(土)
     「なつよ、雪原に愛を叫べ?」第6週(5月6日~6月11日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク