なつぞら 7週39話 「天陽、なつを叱る」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 7週39話 「天陽、なつを叱る」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 7週39話 「天陽、なつを叱る」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第7週39話 5/15ネタバレになります。

    本音を打ち明けないなつ。
    自分を責める泰樹。


    朝ドラ なつぞら(39)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第7週 39話 「なつよ、今が決断のとき」


    「私を東京に行かせてください」と、打ち明けたなつ。

    ところが、本当の理由を言いません。

    「兄の世話をしながら、妹を探したい」と言い、アニメーターになりたとは打ち明けませんでした。


    泰樹はショックのあまり声を荒げます。

    「出て行きたければ今すぐ出ていけ!お前の顔は二度と見たくねえ!」

    なつは、富士子に諭され、一旦落ち着きます。



    なつは、天陽に相談します。

    ところが、天陽は、なつが本心を言わなかったことを酷く叱責しました。


    その頃、富士子と照男は、なつを助けてくれたお礼を言う為に、弥市郎の家を訪ねていました。

    二人は、なつが一心不乱に絵を描いていたことを知ります。

    なつの本当の気持ちがわかります。


    一方、泰樹は雪月に行き、とよに弱音を吐いていました。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(39) 2019年5月15日(水)
     「なつよ、今が決断のとき」第7週(5月13日~5月18日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク